スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入り俳優シリーズ -Edward Norton-

今回は
Edward Harrison Norton
を紹介します。

A0001849-00.jpg


img20080827_p.jpg


N0010378_l.jpg



彼は映画界には存在してはいけない俳優なのです。
それはなぜか。
答えはあとで。


俺が彼を初めて見たのはAmerican History Xという映画。
上の画像の2つ目の映画ですね。
彼はこの映画で見事に主演男優賞にノミネートされました。
その頃は多分、名前は覚えてなかったはずです。

その後、衝撃的な再会を果たしたのはFight Clubでした。
この映画は色々な意味で衝撃なんですね。
内容も、演技も、手法も。
この映画ではブラッドピットが演技の深さを見せてくれます。
そしてそれを食ってしまったのが彼、エドワードノートンでした。
ブラピ演じるタイラーは史上最高のキャラでNo.1を獲得した程のものですが、
俺はエドワードノートンが気になって仕方なかったのです。

そしてこのブログでも紹介した名優、ロバートデニーロとも共演しています。
スコアとストーン。
スコアはロバートデニーロだけではなくマーロンブランドとも共演を果たしています。
そして彼は彼らを食った。
エドワードノートンは名優2人を食ってしまった。

ストーンではデニーロに加え、ミラジョボビッチとも共演している。
そして例によって例の如く2人を食ってしまう。


もう分かったでしょう。
彼は主役も出来る。
でも彼が真価を発揮するのは脇役の時。
そして脇役にして完全に主役を食ってしまうんです。
彼と共演した俳優は可哀想になります。
彼は俳優泣かせなのです。

彼を従える立場としては彼は存在してほしくない俳優ということになります。


彼が出ている映画は優先的に見ています。
ファイトクラブはもう何回観ただろうか。
最初はブラピが好きだったのにな。
いつの間にかエドワードノートンに目が行っている。

やられた。
彼の魅力にやられた。


Artist : Stevie Wonder
Song : I Wish


Edward Norton Tribute
http://youtu.be/2b7ERuAiKcM



スポンサーサイト

お気に入り俳優シリーズ -Keanu Reeves-

さて本日はキアヌリーブスを紹介しましょう。
キアヌリーブス。
彼は俺が今まで見た男の中でも格好良いと思うTOP10には入っている。
出来る事ならなりたい。
こんな男に。
友達に言うと、アゴが青すぎるわ~!っていわれますが、どうでもいい。
格好良い。
俺のタイプ。


keanu.jpg


Keanu Charles Reeves
1964年、カナダ生まれ。
父がハワイ出身、母がイングランド出身で
彼の名前の「キアヌ」はハワイ語で「山からの涼風」もしくは「絶えず神の意識に集中する者」という意味を持ち、
叔父のヘンリー・キアヌ・リーブスにちなんで付けられた。

高校には何校も転々としていたが、結局卒業する事はなかった。

彼を初めて見たのは日本でも大ヒットだった、Speedでした。
サンドラブロックとデニスホッパー、ジョーモートンと共演している。
今考えると結構豪華な気がする。

その時は何とも思っていなかったが、
次に目にした時、一気に彼の虜になった。
その映画は
The Watcherというサスペンス映画。
キアヌリーブスが悪役と言う結構珍しいタイプ。
連続殺人鬼役なんですが、どこか人を惹き付ける演じ方をしていた。

そしてその映画を見た後、あの超大作マトリックスの主人公がキアヌリーブスだという事に気がついた。
救世主ネオ役。
ハマっていたね。
サングラスもロングコートも銃も格闘も似合う。

初めてマトリックスを見たときはキアヌリーブスに魅了され過ぎて話を理解していませんでした。
あれは、いつだっただろう。
つい1年内だと思うのですが、マトリックス3作を一気に見て理解しました。
難しかったけど。

そしてキアヌリーブスの中でも私の一番のお気に入り。
リプレイスメント。
アメフトの映画なのですが、これがなんというかアツい!
精神的に弱い役からどんどんとのぼり詰めていく演技がうまい。
キアヌリーブスのDVDは2本持っていますが、その内の1本。
今でも時々見ます。
あと1本はスピードですが。

そして最近久しぶりに見たコンスタンティン。
アメコミ原作の映画なのですが、宗教色がとても強い映画で
キリスト教などの様々な専門的な単語が出てきます。
しかし基本的には悪魔退治?かな。
悪魔と戦います。
最後には人類最後の味方のアレとも戦うのですが。(もう分かるかなw)
これも結構面白い。
どこか影のある役がとてつもなく似合うよ。
そして久しぶりに観て感激した。
共演者がとてつもない。
まずは
レイチェルワイズ。
私の大好きな可愛すぎる、綺麗すぎる女優。一度お目にかかりたい。
そして今若手再注目のシャイアラブーフ。
彼の出ている映画はそうそうたるモノ。
チャーリーズエンジェルから始まり、ボビー、トランスフォーマー、ディスタービア、インディージョーンズ、そして今公開中のウォールストリート。
安い出演料で大きく稼ぐという事で、コストパフォーマンスの高い俳優としてアメリカ経済詩フォーブスで紹介されている。
そしてそろそろ公開されるナルニア国物語に出ているティルダウィンストン。
格好良い女優さんよね。
最後にピーターストーメア。
彼は本当にいい味出してるよ。
初めて見たのはファーゴと言う映画ですが、それからずっと虜です。
プリズンブレイクにも出ていました。

話が逸れました。
キアヌリーブスは思うに、暗い役、影のある役、若しくはしたから上へ這い上がっていく役が似合う。
究極の悪役をやってほしい。

最近は正義役が多いぞ!


img_94489_22134625_0.jpg

039_20708.jpg

keanu_p.jpg

keanureeves2.jpg




実はベーシストだったりします。

Artist : Dogstar
Song : Enchanted




お気に入り俳優シリーズ -岸辺一徳-

今日は日本人俳優。
岸部一徳さん。


<クリックで拡大!>
cap213.jpg


1947年生まれ。
元々はミュージシャンでした。
ザ・タイガース。
PYG。
井上堯之バンド。
三つのグループを経て俳優に。
今回は俳優としての岸部一徳さんを紹介するので、この音楽に関してはまたいつか。

1975年、本格的に俳優に転身した、
1979年、それまで名乗っていた「岸部おさみ」という名を「岸部一徳」に樹木希林の案で改名した。


岸部一徳さんが好きな理由は2つ。
1、演技の幅が広い。
気弱な約からおちゃらけた役、悪のボスまで。
2、悪役が超格好良い。
似合いすぎる。

特に2が重い。
本当に悪が似合うんです。

最近で悪がドンピシャだったのは座頭市。
あれは良かった。

北野武映画の岸辺一徳はきちっとハマってる気がする。
北野武映画の岸部一徳は一見の価値有り。

邦画には詳しくありませんが、勝手に日本の俳優の中では最高峰だと思ってます。











お気に入り俳優シリーズ -Natalie Portman-

おいおい、綺麗過ぎるだろ!
ということで今回は

Natalie Portman

nataliep01_b.jpg


1981年生まれ。
欧米人のイメージがありますが、実はイスラエルはイェルサレムの出身。
彼女を一言で説明するなら才色兼備。
高校では常にオールA。
ハーバード大学とイェール大学に合格。
そして話せる言語は英語、ヘブライ語、フランス語、ドイツ語、日本語、アラビア語。
頭はもう完璧じゃないか。

そしてもう1つの才能。
女優。
彼女を初めて意識し始めたのはHEAT。
あのAl PacinoとDe Niroの共演作。
この2人を目当てで見ていたのに、何回目に見ているとき、
『どこかで見た!』という何かが心につっかえてしまった。

「はぁ、さっぱりしないなぁ。何か他の作品でも見て、落ち着くか。」
「RONIN見よう!De Niro格好良すぎるぜぇ!」
「お、Jean Renoも結構いい味出すよなぁ。」
「そういえば、最近、Leon見てないな。明日見るか。」


『こ、コレハ!!!!!!』
「マチルダーーー。」うん、実際に叫んだと思う。
マチルダ、マチルダだったのか!
あのHEATの女性はLEONのマチルダ。
つまりNatalie Portman!
可愛い。
ロリコンか?
まぁ、いい。それは置いといて。

やばいよぉ。こんな名作を脳の片隅にも置いてなかったなんて。
これは置いておきたかった!

LEON
彼女を一躍有名にした超名作。
俺がこれを見るキッカケになったのは、
Natalie PortmanでもJean Renoでもない、
Gary Oldmanだった。
変態役者目当てだったのに。
いつの間にか、Natalie Portmanに心奪われていた。

彼女の活躍は増した。
Star Wars
Closer
V For Vendetta
My Blueberry Nights
The Darjeeling Limited
Mr. Magorium's Wonder Emporium


結構酷評のMr. Magorium's Wonder Emporium。
私は好きです。
夢があって、いいじゃない。
Dustin Hoffmanとも共演しているし。





お気に入り俳優シリーズ -Adam Sandler-

今回紹介するのは、そうあのEgg HeadのAdam Sandler!
さてさて、誰?という声が聞こえてきそうな感じですねw

昨日のDe Niroと比べて日本での知名度はかなり低いです。
知名度が低い意味が分からないけど。


Adam Sandler

<クリックで拡大!>
adam-sandler-with-wife.jpg


1966年生まれ。
一言で言うとコメディアン。
初めてお目にかかったのはConeheadsという意味の分からない映画だったw
この映画の主演はGhostbustersで有名なDan Aykroyd。
Adam Sandler結構ちょい役。
でも何故か頭に残った。
それからいつも通り父親のカードでレンタルビデオ屋に通った。
パッケージの裏を細かく見て、Adam Sandlerという名を探した。
ない。なかった。探しても見つけられない。
泣きたかった。有名じゃないのか。
これで彼ともお別れか。

そんな悲しい体験をしたと言うのにいつの間にか頭から彼の名は無くなっていた。
しかし、高校生になり数ヶ月。
余裕ができ始め、通学路にあるTSUTAYAに毎朝寄って学校に行くようになった。
そこで衝撃的な再会。
Big Daddyという作品に出会った。
この映画、俺をミステリ、アクション以外も悪くないと思わせた作品。
しかし、本国アメリカではあまり評判は良くないという。
そこから漁るに漁って、そこのTSUTAYAでは見つけられなかった他の作品は
そこのTSUATAYAに購入希望を出した程。
The Wedding SingerとBilly Madisonは希望出した。


そうそう、そういえばそこのTSUTAYAには羊たちの沈黙のDVDがなかったんです。
「いやいや、あり得んだろ!」と思って、それも希望を出した覚えがありますw
『羊たちの沈黙のDVD、レンタルお願いします!』ってw
数日後には5本程揃ってたよw
その数日後には全て借りられてたよ。
俺の言う通りにしとくべきだ!


いけない。また話がズレた。
Adam Sandlerお気に入りです。
何がお気に入りなのか、自分でもあんまり分からない。
でも時々無性に彼の作品が見たくなります。

彼の作品は何か惹き付けられます。
優しくて、ほのぼのしたり、感動したり、格好良かったり、でもバカバカしくてw

お薦めは
Drew Blythe Barrymoreとの再共演作、50 First Dates。
ボブサップが実は出演している、そして格好良すぎるThe Longest Yard。

この2作品を見たら彼の魅力に気付くはず。





歌手の一面も





プロフィール

テストは紙飛行機

Author:テストは紙飛行機
FC2ブログへようこそ!

最近の紙飛行機
最近の皆様からのテスト
カテゴリ
My Recommend CD !!
かなり自己中だけど聴いて損はない!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。