スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

District 9

第9地区(原題:District9)を見ました。

いつもはあまりこういう宇宙人やらなんやらって言うSFは見ないんですけど、アカデミーにもノミネートされていたし、見てみました。

ストーリー:
南アフリカ共和国のヨハネスブルク上空に突如宇宙船が出現。しかし、船が故障してしまったため船内の者たちは地球に降りてくる。28年後、乗船していたエイリアンである「エビ」(外見がエビ[=PRAWN]に似ているため)たちは地上に移り、隔離地区である「第9地区」で難民として地球人と共存していた。そこは人間とエビの争いが絶えないため、MNU (英:MULTI-NATIONAL UNITED) と呼ばれる超国家機関によって管理・監視されていた。MNUの職員であるヴィカスは、エビたちをさらに離れた彼ら専用の居住区域である第10地区に移住させるべく、立ち退き要請の同意を得るため第9地区を訪れるが、その道中に見つけた謎の液体を浴びてしまう…。

この映画が今までの宇宙人映画と大きく違う点があります。
それはオープニングで既に宇宙人がいる、ということ。
これまでの映画は宇宙人がやってきてどうこうとか、やってきそうだからどうこうだったのですが、
この映画は20数年間ともに地球で暮らしていると言うのです。

見るまでストーリーは全く知らなかったので、驚きました。
そしてもう1つ、他の映画と違う点。
それは人類万歳じゃない。
人類万歳視点でも見る事は出来ますが、エイリアンを家に帰してあげたい視点で見る事も出来ます。
そう考えるとE.Tに近いものを感じるかも。
いうなれば超近代的E.Tですね。

ストーリーはさておいて映画の他の点について。
最初はドキュメンタリー感覚で様々な人のコメントで映画は進んでいきます。
そしていつの間にか(それはキッチリ分かります)現在になっていて銃撃戦、そしてエンディングと進んでいくのですが、
何せ、物語の展開のテンポの良さが良い。
他では感情移入出来ないとかなんとか書かれていましたが、感情移入する必要のない物語もこの世にはあると言う事ですね。
完全なる娯楽映画ってことです。
感情移入したいという方はこの映画を見ずに他の映画を見ましょう。

そして映像というかCGについて。
低予算と聞かされていたが、かなり良いモノに出来上がっている。
エイリアンも宇宙船も、はたまた人間が弾けて飛び散る場面も上手い具合に映像化されている。
特に上手かったのはやっぱり人間が弾け散る場面ですかね。
エグくなく、でもちゃんと?四方八方に身体が弾ける。
今まで見て来た映画の中でも上手い方です。
自然だった。
予算も脚本も配役もB級と呼ばれるこの映画。
しかしアカデミーにノミネートされたこの映画。

侮れない。
B級の中のA級だった。

うん、でも1回見ると満足かな。
あと5年後くらいにたまたま見る感じで良いやw





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テストは紙飛行機

Author:テストは紙飛行機
FC2ブログへようこそ!

最近の紙飛行機
最近の皆様からのテスト
カテゴリ
My Recommend CD !!
かなり自己中だけど聴いて損はない!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。