スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負け惜しみも悪くない!?合理化ーRationalizationー

みなさん、イソップ物語は読んだことありますでしょうか。
イソップ物語の中に「酸っぱいブドウ」という話があります。
あらすじを簡単に説明しますと
「お腹を空かしたキツネがうろついていると、たわわに実ったブドウがいくつもぶら下がるブドウの畑を見つけました。キツネは一生懸命ブドウを取ろうとしますが、まったく届きません。するとキツネは『きっとこのブドウは酸っぱくて不味いに決まっている。取れなくて良かったよ!』と捨て台詞を吐いて去って行きました」

このように、手に入れたくて仕方のないモノが手に入らない場合、人はそれが「自分に取って価値のないモノ」と見なして諦めることがあります。
これ「合理化」といいます。

合理化が成功すると、不満や不安、欲求などが解消され、心の平安を得ることが出来ます。

例えば、好きな男性が自分の方を振り向いてくれない時に、「彼には見る目がない」と考えたり、
入社試験で落とされた企業に対し、「あそこは時代遅れの官僚主義だから、入れなくて良かった」などと考えるのが、合理化の典型的な例です。

ちなみに、合理化は心の平安をもたらすため、このような発言をした本人に合理化を行っているという意識はないのが一般的です。
つまり、周囲には負け惜しみに聞こえても、本人は全くそのことには気が付かないのです。

みなさんも今までにかなり経験してきたはずです。

特に人間関係(男女間)では頻繁にあることだといわれています。
負け惜しみを知人が言っていてもいじってはダメですよ。
「そうだね。」と肯定してあげることも必要かもしれません。


Artist : Rational Youth
Song : No More & No Less





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テストは紙飛行機

Author:テストは紙飛行機
FC2ブログへようこそ!

最近の紙飛行機
最近の皆様からのテスト
カテゴリ
My Recommend CD !!
かなり自己中だけど聴いて損はない!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。