スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密室殺人ゲーム マニアックス

先日購入した
「密室殺人ゲームマニアックス」 歌野晶午著
読みました。
もう既に別の本の半分まできてますが、ここで感想を。

この作品はシリーズ3作目であり、外伝的な作品です。
1作目は本当に楽しく読んだ、止まらなかった。
2作目も1作目までとは言わないが、とても楽しく読んだ。
そして今作。
面白かった。
面白かったけど、これまでの感じとは違うものでした。

このシリーズは
インターネットでビデオチャットをし、そこで殺人事件の推理をし合うというものです。
まぁそこまでは話題が推理というだけで一般的ではあるのですが、その題材の殺人事件普通じゃない。
その殺人事件はビデオチャットのメンバー5人の内誰かが起こした事件なのである。
5人は全員自分が考えだしたトリックで殺人事件を起こし、それの事件概要やトリックのヒントとなるような写真などを公開する。

その3作目。

今回は今までの5人+1人が出てくる。
この1人がこの作品のミソです。

本作は著者曰く、
時代の先を行っているつもりだったが、時代に追い越された。
今日、インターネット上で何か問題があればすぐに特定され社会的に抹殺されることもある。
そんな時代に合った小説だろうと思う。
決して追い越されてはないだろう、追いつかれはしたが。

よし、バラバラ書いてきたが、少しだけ内容について書きます。
大元トリックと小さいトリックがあります。
全部正解を出してくれますが、時代が最先端過ぎて正直予想つきませんでした。
最先端なんていいながらAIBOなんて懐かしいものも出てきますw
おなじみのメンバー5人
“頭狂人”
“044APD”
“aXe”
“ザンギャ君”
“伴道全教授”
全員が全員やっぱりキャラがたっています。
またそこにもやられるんですが。
読み始める前、俺としては伴道全教授がそろそろ…なんて思っていた。
うん。
トリックについては文句なし。
書き方にしてはやはり好きな作家、文句なし。

でも何故か何かが足りない。
面白くてにやにやはしたんですがね。

まぁ、外伝的な存在やしそんなものと言われればそんなものなのかも知れない。
もし次があるなら次に期待。

さ、次の本次の本。
今は人間の尊厳と800メートルを読んでいます。

短編集ですが、今のところかなり面白い。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テストは紙飛行機

Author:テストは紙飛行機
FC2ブログへようこそ!

最近の紙飛行機
最近の皆様からのテスト
カテゴリ
My Recommend CD !!
かなり自己中だけど聴いて損はない!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。