スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Over Heaven

ジョジョの奇妙な冒険25周年を記念して書かれているノベライズ。
OVER HEAVEN 西尾維新著
読みました。

前回は上遠野さんが「恥知らずのパープルヘイズ」を書き、個人的には大大満足だったので今回も期待していました。
しかし、今回はあまり芳しくないものでした。

西尾維新さんの作品は読んだことがありません。
実は名前も存じ上げませんでした、失礼しました。
西尾維新さんは主にライトノベル(一度も手を出したことない)を執筆しているらしいです。
ファンもかなりいるとか…


さてさて、今作ですが、なんとあの超カリスマのDIOを主人公にして書くという。
これは期待で胸膨らみました。
なんたって、あのDIOですからね。
ジョジョの奇妙な冒険Part1~Part5,6,7に渡って主人公たちを苦しめたキャラ。
異常な悪と異常なカリスマ性。
最高に好きなキャラです。
そりゃ胸膨らむでしょ。

前回みたいにフーゴがどんどん戦っていくように、DIOもどんどん戦っていくような物語だと思っていましたが違いました。
まぁそこは勝手な推測だったので俺が悪いのです。

今回はDIOがジョジョの奇妙な冒険Part3で書いた書物、日記のようなものをただひたすらに読むというものです。
承太郎たちが日本からエジプトに来て、DIOと戦うまでの間にDIOの頭の中を文字に起こしたようなものです。
その日記の内容はPart1でジョナサンと出会う前、家族の話から始まります。
そしてその過去、現在を織り交ぜながらDIOが「天国へ行く方法」を模索するお話です。

ジョナサンやエリナとの話、人間を捨てた話、DIOの両親の話、ゾンビの話、スタンドバトルの話、部下の話。
たくさんの話が出てきます。

全編を通してキーワードになる言葉。
「聖女」「母親」「受け継ぐもの」「奪うもの」「奪われるもの」
それだけが殆ど新しいものでした。
あとは原作を知っているものからするとDIOの心理描写だけで書かれたダイジェスト。
うーん、とばしとばし読んでも繋がるよ。
というかとばしとばし読みたくなる!
なんでか教えてあげましょう!

この作家さんの書き方、遠いんですよ!
同じこと2回書き過ぎ、同じ書き方書き過ぎ、飾り過ぎ、原作から引っ張ってきすぎ。
特に原作から引っ張ってくるところなんてコピペが多すぎて、大学生のレポートなら間違いなく落とされるたぐいのものですよ。

小学生の頃、夏休みの宿題で読書感想文ってありましたよね?
あれを書くときどうしてもあらすじを書いちゃう子が結構いたんです。
感想ではなくあらすじ。読んだ作品をそのまま先生に紹介しちゃうってアレ。

この作品はまさにそれ。
原作のあらすじが8割。
あとは西尾維新さんの想像の賜物2割くらい。

原作にあったカタルシスをものすごい勢いで吹き飛ばしていきます。
DIOというキャラがもしあなたの頭の中に出来上がっているのなら読むべきではないでしょう。
ペッシよりもマンモー二!
プッチやディアボロなんかのつながりは面白いけど、プッチは原作にもあったし、新発見はディアボロくらいじゃないかな。
ああ、あと虹村なんて名前も出てきたな。
無理矢理感は少しあるけど、そこらへんのつながりは多少面白く感じました。





はい!!!
気分を切り替えて、新章第8部!!
ジョジョリオン
とうとうコミックスが発売されました!
発売日に買いましたよー。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、主人公の名前に驚愕。
最初に出てくる名前に驚愕。
部屋のインテリアに驚愕。
いきなりアツいバトルが繰り広げられます。
1戦目であのスピード感。やっぱり荒木先生ヤバいっす。

ああ、そうそう。
表紙の織り込んである耳みたいなところに作者のコメントがあるじゃないですか?
あそこに「第4部とは全く繋がっていないのでここから始めても大丈夫」って書いてあるのですが、
第4部は絶対に読むことをお勧めします。
読んでいた方が16倍は面白い。
発見が多すぎる。
にやにやしてしまう。

この作品、期待大!


この2作を感想一緒にしましたが、皮肉なのか
「奪うもの」というものがジョジョリオン主人公の能力です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テストは紙飛行機

Author:テストは紙飛行機
FC2ブログへようこそ!

最近の紙飛行機
最近の皆様からのテスト
カテゴリ
My Recommend CD !!
かなり自己中だけど聴いて損はない!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。