スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで踊る

踊る大走査線 The Final 新たなる希望

fe8dd23c3b1dfb95fa4b752d7f5e801d.jpg



観てきました!


シリーズ通してファンです。
ドラマから映画、特別編まで見逃した話はないと思います。
1997年から始まった長いシリーズもこれで終わり。
そう思うと、人気あったんだなって思いますね。


今作・・・正直よい!
いつも通りオープニングの前の空撮から始まります。
そこから流れるようにオープニング。
今作のオープニングがすっごく好き。
もうファイナルというのを前面に押し出してきます。
Since 1997と出るくらいですからね。
これまでの映像や写真を重ねて重ねてオープニングが構成されています。

シリアスとユーモアの掛け合い。
社会風刺も入れ混ぜまとめてくるこのドラマ、やっぱり面白い。
最後の解決の仕方、犯人の逮捕の仕方がが気に食わないという人もいるかもしれません。
でもこういうのも踊る大走査線じゃないかな。
ありえねーーーなんて今まで何回もありましたよ。

今回はシリーズ通しての問題をメインに置いています。
それは警察の上の方の腐敗。
つまり警察庁や警視庁にいる幹部連中の問題ですね。
幹部は捜査をしない、政治をするんだ。
それはそうなんです!そうなんですが、本庁と所轄の連携部分なんかはやっぱり大事。
幹部にもちゃんと捜査してほしいですね。

その本質を軸に殺人事件や誘拐事件が起こります。
犯人を隠そうとしますが、隠れてません。
この映画のPRを見てたら自然と分かっちゃいます。
犯人の顔面の半分が出てきますが特徴的ですぐ分かる人です。

カメラも音楽も、音響も演技も構成もキャストも場面設定も良い!
ファンを喜ばせる場面もちりばめられています。
にしても深津絵里さん・・・美人。大好き。
前作が酷評だっただけに今作は良作。お金のかかり方が違います。
そしてその前作で俺の残念だったユースケサンタマリアが真下正義ではなくユースケサンタマリアを演じていた点。
完全に改善されています。
ちゃんと真下正義を演じていました。
柔和と鋭さ、温もりと冷酷さを持ち合わせた人間。俺の大好きな人間です。
真下正義みたいになりたいなって思いますね。
どんだけ乱文やねん!!


今作いいですよ。
俺はシリーズを見てる人にも、映画だけの人にも、初めて見る人にもお勧めします。
でもシリーズファンの方が圧倒的に楽しめるでしょうね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テストは紙飛行機

Author:テストは紙飛行機
FC2ブログへようこそ!

最近の紙飛行機
最近の皆様からのテスト
カテゴリ
My Recommend CD !!
かなり自己中だけど聴いて損はない!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。